【必見】顎の赤み原因は乾燥とニキビ!痒みと赤みを治す3つの法則

顎 赤み マスク

 

顎の赤みを気にしている人は多いのではないでしょうか。

 

皮膚が赤くなってしまうとひどいかゆみにも見舞われるため、思わず赤みの部分に触れてしまい、余計に悪化してしまい悪循環に陥ることが1番危険行為です。

 

顎が赤いだけで、顔の印象も悪く見られ人前にでるのも苦になります。

 

そのためこの赤みやかゆみを何とか消して、きれいな状態を保ちたい!

 

マスクで隠す毎日からぬけだしたい!

 

同じ悩みを抱えている方の、少しでも参考になる情報を発信したいと思います。

 

 

顎赤みの原因ニキビ

 

顎 赤み ニキビ

 

顎の皮膚が赤くなる原因にはいくつかのことが考えられますが、その中でも一番多いのがニキビによる赤みです。

 

顎は皮脂量が非常に多く、皮脂が活発に出てくる部分です。皮脂が活発に出るということは、毛穴に皮脂が詰まっている状態をさします。

 

考えるだけで嫌!

 

今すぐに脂取り紙をポーチから取り出したい。

 

そのためニキビの原因となるアクネ菌が繁殖しやすく、たくさんできやすくなるということです。そしてどんどん悪化することによって、肌は炎症を起こして赤くなります。

 

また赤くなると同時にかゆみも発生する特徴があります。

 

もう1つニキビができる原因としては、乾燥が原因で発生してしまう可能性が高く見られます。

 

肌は乾燥してるのにニキビはできるの?と疑問を抱くかもしれませんが、肌は乾燥してもニキビはできてしまう。

 

 

乾燥ニキビの原因

 

顎 赤み 乾燥

 

乾燥ニキビの多くの原因は洗顔にあります。毎日の洗顔で乾燥ニキビができるなんて思ってもみなかった。

 

刺激の強い洗顔料

・刺激の強い洗顔料やクレンジングオイルは、必要な皮脂まで落とし細胞を破壊する。

 

洗顔の回数が多い

・洗顔の回数が多いことは、その分摩擦の回数も増え細胞を破壊する。

 

お湯での洗顔

冷水に比べお湯は、よけいに皮脂を落としてしまい細胞や角質層を傷つける。

 

このような日常の間違った洗顔は乾燥肌につながり、乾燥ニキビへと悪化させることのないように注意が必要です。

 

 

顎の赤み治し方

 

顎 赤み 化粧水

 

もしも、たくさんの赤いニキビができているのであれば、ニキビを改善する必要があるといえるでしょう。

 

同時にかゆみも発生するため、思わず自然と触れたりかいてしまうことはあります。

 

このようなときにはかゆみを消すために、かゆみが発生している部分を冷やすことで一時的に炎症を抑えることもできます。

 

また保湿剤を使って保湿をすることにより、かゆみを軽減することも可能です。

 

しかしこれはあくまでも応急処置と言えるので、そのために原因となっているニキビの治療を先行しておこなう必要があります。

 

治療としては、保湿をしっかり行うように心がけましょう。そして清潔に保ちたいという思いから、必死で洗顔をしてしまう人もいますが、これは反対に症状をひどくさせ悪化させる原因。

 

顔の余分な皮脂や汚れを落とすだけで十分といえるので、洗顔は丁寧に優しくおこなうことを意識しておこないましょう。

 

 

肌のバリア機能の強化

 

顎 赤み 肌バリア

 

そして赤みを消すためには、肌のバリア機能を強くすることが大切です。

 

バリア機能を強化して肌そのものを強くするということです。市販のボディーソープを使うと、皮膚のバリア機能を低下させる可能性もあります。市販のボディーソープには防腐剤や香料といった刺激になる成分が含まれていて、これらが皮膚を傷つけてしまいます。

 

 

バリア機能を強化するには、セラミドを含んだ化粧水を使うことで乾燥や炎症をおさえることができます。

 

私が選んだ化粧水は、ニキビによる顎の赤みに直接浸透しアプローチすることのできる和漢植物エキスや美白効果があるビタミンC誘導体や保湿効果があるコラーゲンやヒアルロン酸やセラミドなどがたっぷりと配合されているタイプのものです。

 

毛細血管の赤みにアプローチできる化粧水を使用することで悩みを改善できることもあるので1度試してみて見て下さい!

 

 

【よく読まれている人気記事】

 

白漢しろ彩を口コミの評判が良かったので試してみた!

 

どうせ買うなら白漢しろ彩を最安値で店舗を探索

 

30日間返金保証付きの化粧水とは